職員採用・実習生へ

  1. HOME>
  2. 職員採用・実習生へ>
  3. 働くスタッフからのメッセージ

働くスタッフからのメッセージ

池田 雄亮さん(2002年就職)

一人一人の個性に合わせて
個別支援を大切にしています!

・仕事内容を教えてください。
生活支援員として、主に通所グループを担当しています。勤務はローテーションで週に1度は夜勤があります。
・福祉の仕事を志したきっかけは何ですか。
高校生の時に初めて参加したボランティア活動がきっかけで、福祉の仕事に興味を持ちました。初めてのボランティア活動は恥ずかしさもありましたが、今までにない生き生きとしている自分に気が付きました。その時に何か障がいを持つ方たちと関わる仕事を将来したいと思いました。大学もそれを見据えて福祉大学を選びました。
・普段の仕事でやりがいを感じることは何ですか。
この仕事に就いて、いろいろな価値観があることを知りました。その人に合った物差しを持つことが大切だということに気付くことができたことはとても良かったです。皆さんそれぞれ個性があるため、それを尊重して周囲との比較ではなく利用者さんの個別支援を大切にしています。
・嬉しかったことは何ですか。
数年前に夏祭りの実行委員長をした時のことですが、準備が忙しく焦っていた時に利用者さん何人かで「手伝うよ」と、声をかけてくれた時は嬉しかったですね。夏の暑い中、重いものを持ったり大変だったと思いますが、自分たちも参加する夏祭りをどうにか成功させたいと彼らなりに考えてのことだったと思います。普段何気なく利用者さんと話しているときも楽しいですし、利用者さんは様々な場面でお手伝いをしてくれる。その気持ちが何とも言えない嬉しさがあります。
・休日の過ごし方について教えてください。
勤務はローテーションですが週に2日は休みがあるので家族と出かけることが多いですね。まだ、子供が小さいので近くの公園を一緒に散歩することが多いです。
また、学園職員と趣味でマラソンをしており、毎年みんなで清流マラソンに参加しています。
・これから入ってくる若い職員に一言お願いします。
どのような仕事をするのかドキドキしているかと思いますが、この仕事はとても楽しいですよ。日々新たな発見や課題を見つけていくことも多くあります。謙虚に物事に取り組むあなたなら大丈夫です。興味を持っている方は自信を持って飛び込んで来て下さい。

丸山 雅さん(2004年就職)

産休、育休を取得しました
女性にも働きやすい職場だと思います

・福祉の仕事を志したきっかけは何ですか。
私はもともと人付き合いがあまり得意ではなかったので、そんな苦手意識を変えたいという思いから人と関わる仕事を選びました。
・普段の仕事でやりがいを感じることは何ですか。
毎日の生活で、利用者さんや保護者さんの笑顔を見ることです。何よりも癒されますね、自分は誰かの役に立っているのだと実感します。
・嬉しかったことは何ですか。
たくさんの利用者さんに慕われ、信頼されていると感じたときです。例えば、悩みを相談された時や、朝登園するなり私の顔を見て駆け寄ってくれるときなどそう感じます。悩みを誰かに相談することで気持ちが軽くなることって、よくありますよね。そんな誰かの心の支えになれていることはとても嬉しいです。
・大変だったことは何ですか。
私は可茂学園で結婚・出産を乗り越え、産前・産後休暇や育児休暇を取らせてもらい、今は育児と仕事を両立しています。ここまで来るには、仕事を投げ出したい時も、辞めたいと思うことも何度かありましたが、周りの職員の人達の支えがあり、続けて来ることができました。毎日バタバタして忙しいですが、充実した日々を送っています。これからも長く仕事を続けていきたいです。
・学園の魅力を教えてください。
職員同士みんな仲が良いから、働きやすいことですね。実習生さんからもそのような感想はよく聞かれますよ。
・これから入ってくる若い職員に一言お願いします。
可茂学園は、福利厚生が充実しているので、女性にも働きやすい職場だと思います。結婚・出産を経ても復帰して働ける環境が整っている職場です。これからの若い世代の力が新しい可茂学園の力になっていくのです。皆さん、一緒にがんばりましょう!

藤原 明日香さん(2006年就職)

毎日利用者さんと関わる中で
その優しさに触れています

・仕事内容を教えてください。
知的障がい者の方々の生活支援を行っています。一緒に作業を行ったり生活面での支援も多くありますが、利用者の方々が楽しく健康で生活できる環境を整えることが大事な役割だと思っています。
・福祉の仕事を志したきっかけは何ですか。
介護の仕事をしている母の影響です。元々は高齢者施設に就職しようと思っていましたが、大学で知的障がいについて勉強したことがきっかけで興味を持ち進路変更しました。
・普段の仕事でやりがいを感じることは何ですか。
行事やイベントでの準備は大変ですが、利用者の方々が喜んでいる姿を見るとうれしいです。年間を通して夏祭りやクリスマス会などの園内行事、また社会見学や親睦旅行など外出する機会もあります。そのようなときは、普段は見られない姿を見せてくれます。楽しんでいる姿を見るとこちらも楽しくなりますよ。
・嬉しかったことは何ですか。
例えば少し髪を切っただけでも皆が「かわいい!」と言ってくれたり、誕生日には「おめでとう!」と言ってくれる。1日にこんなに大勢の人に言ってもらえることって普通ないですからね(笑)
・大変だったことは何ですか。
支援者側の思いを100%伝えることは難しいですね。どんなに働きかけても報われないこともあります。人と関わる仕事なので、辛いこともありますが、その中で少しずつでも変化があれば・・・と思って日々皆さんと関わっています。
・これから入ってくる若い職員に一言お願いします。
福祉の仕事は大変というイメージがあるかもしれませんが、どの仕事でも大変なことは多々あると思います。また、人には得意なこと、不得意なことがありますが、この仕事は自分の得意なことを発揮できる場面が多くあります。そして、利用者さんと関わる中で自分も成長できることがたくさんあります。人と関わることが好きな方、得意な方はこの仕事に向いていると思いますよ。これから若い方が学園をさらに盛り上げていって下さい。

丸山 豊さん(2009年就職)

慣れないパン作りに悪戦苦闘

・仕事内容を教えてください。
4年目よりカフェ&ベーカリー麦の丘に配属され、利用者さんと一緒にパンを作っています。パンの製造・販売を通しての利用者支援が主な仕事です。
・福祉の仕事を志したきっかけは何ですか。
人と接する仕事に就きたかったからです。
・普段の仕事でやりがいを感じることは何ですか。
利用者さんが目に見えてパン作りの技術が向上しているときや、販売でその笑顔を見るとやりがいを感じます。何かに一所懸命に打ち込む姿を見ると「自分も頑張らないと」って思います。
・嬉しかったことは何ですか。
自分たちの作ったパンが売れるときですね。また、「○○パンおいしかった!」と言ってもらえた時はとてもうれしいです。
・大変だったことは何ですか。
初めてだったのでパン作りは正直戸惑いましたね。でも、自分がパン業務の流れや、技術を一通り覚えないと支援には繋がらないですよね。利用者さんに教えてもらってばかりでは話になりませんから・・・パン作りと利用者支援の両立をするために覚えることはたくさんありますが、毎日勉強しています。
・将来の目標は何ですか。
麦の丘のパンを一人でも多くの方に食べてもらいたいと思います。その中で利用者さんたちの啓発活動に繋がっていけばよいと思います。
・これから入ってくる若い職員に一言お願いします。
こちらからの一方通行でなく利用者さんから学ぶことも多くあります。何より人として成長できる職場です。人と接することが好きな方、興味のある方は、ぜひ一度見学に来て下さい。

今井 友香さん(2009年就職)

社会福祉士の資格を生かすことができ、
やりがいを感じています

・仕事内容を教えてください。
配属されているグループとは別に、大学からの実習生の受け入れを担当しています。
・福祉の仕事を志したきっかけは何ですか。
大学の時可茂学園で実習したことがきっかけです。実際に知的障がい者の方と関わり、皆さんが明るく楽しそうに過ごされている姿が印象的で、私もそんな方と関われる仕事がしたいと思いました。この職場なら楽しく仕事ができると思い、可茂学園を選びました。
・普段の仕事でやりがいを感じることは何ですか。
可茂学園では年間40名の実習生が来られます。その中の2割程度は社会福祉士の資格取得のための学生です。そのような学生に特別なカリキュラムで指導をするときがありますが、社会福祉士の資格を生かすことができやりがいを感じます。
中には実習を始めるに当たり利用者さんにどのように接して良いか分からず不安がる方もいます。その方が徐々に実習に慣れていき、実習の終わりには障がい者についての印象や考え方が変化して、障がい者施設に興味を持ってくれた時は嬉しいです。私も実際そう感じたので学生さんの気持ちが分かります。
・嬉しかったことは何ですか。
利用者さんが自分の名前を覚えてくれて、名前を呼んでくれた時は嬉しかったです。支援員としてまず、最初のハードルはクリアできたかなと思い、自分のことを信頼してくれているような気がして嬉しく思いました。
・大変だったことは何ですか。
1年目は初めてのことばかりで覚えることが多く大変だった気がします。特に利用者さんについて障がいの特性が個々に違うので、それを理解できるまでは時間がかかりました。
・これから入ってくる若い職員に一言お願いします。
利用者の方と関わる中で伝えていくことはもちろん多くありますが、支援員として逆に利用者さんから学ぶこともたくさんあります。毎日が充実しており、笑顔で楽しく働ける職場ですよ。